ニキビの直し方を考えるときに、よく言われていることに、思春期ニキビと大人ニキビの区別をしないといけないということが言われています。
ニキビという症状は、いっしょでも、その原因が、違うので、根本的な解決のためには、ニキビができてしまった原因の解消が必要になるっていうことは、当たり前といえば当たり前ですね。
思春期にできてしまうニキビの場合には、成長するときのホルモンの分泌が主な原因となって、皮脂が過剰にできてしまって、それが毛穴に影響を与えて、できてしまうんだそうです。
それと比べて、大人になってからできてしまうニキビの場合には、すでに成長期は、過ぎてしまっているので、成長期のときとは、別の要因のせいで、ニキビが発生しているといわれています。
ただ、ニキビそのものの症状としては、基本的にいっしょなので、根本的解決の方は別として、対処の仕方としては、共通する部分が多いのも確かなようですね。

ニキビができたときに、どうしてもやってしまいがちなのが、その部分が汚れているからそんなものができるんだと思ってしまって、洗顔できれいにしようとして、普段よりしっかり洗おうとする行為なんだそうです。
これは、逆効果なんだそうですね。
洗浄を過剰にしてしまうと、かえって角質を固くしてしまって、毛穴から排泄されるべき皮脂が、固くなってしまった毛穴から排出が、できなくなってしまって、かえって悪化してしまう原因にもなりうるんだそうです。
洗顔とかクレンジングをしないっていうのは、もってのほかだとしても、洗いすぎっていうのも禁物なんだそうです。
また、普段でも肌の乾燥は、避けたいところことですが、ニキビができているときには、余計に乾燥には、気を付けないといけないんだそうです。
そのためにも化粧水をたっぷりと補給するようにすることが大事なんだそうです。その時に、使う化粧水には、セラミドとかヒアルロン酸とかが、配合されているのが、いいんだそうです。
ここで、やりがちなのが、その上からクリームを塗ってしまう行為なんだそうです。クリームを塗ると、潤いが保たれるような気がしてしまいますが、クリームには、油分がたくさん含まれているので、その油分が、ニキビの原因菌のアクネ菌が大好きな成分なので、余計に繁殖してしまう原因にもなりうるんだそうです。できるだけそういった油分が少なめな化粧品を選ぶようにした方がいいんだそうです。となると、出来る限り、余計なものは、つけないほうが、いいのかもしれませんね。
また、一説には、お化粧自体もしないほうがいいともいわれていますが、男性ならともかく、女性にとっては、お化粧をしないで、街中に出るとか、仕事に行くとかが、できないっていう方にとっては、しない人前に出る選択はできない人が多いと思います。
そんなときは、パウダーファンデーションなどで、最小限のお化粧で済ませるようにしたほうが、いいんだそうです。この時にも、クリームタイプは、油分の供給につながるので、避けた方がいいんだそうです。